日本と韓国の人口の比較

人口

日本の人口は韓国の約2.5倍

人口の推移(1980〜2012年) - 世界経済のネタ帳
2012年時点での日本の人口は12761万人(世界10位)、韓国の人口は5001万人(世界26位)と推測されています。日本の人口は韓国の2.55倍となります(韓国は日本の4割)。
日本は2008年以降人口が減少していますが、韓国も伸び率は鈍っているものの現在でも人口は増え続け、ついに2012年に人口5000万人を突破しました。しかし、2010年の合計特殊出生率は1.23で日本の1.39より低く、このままだと韓国の人口は、2030年頃をピークに減少に転じると予測されています。
なお。2050年における推定人口は日本が9707.6万人、韓国が4705万人となっています(出典:UN, World Population Prospects: The 2010 Revision)。
この時点で日本の人口は韓国の2.06倍と現在に比べて人口比は縮まりますが、少なくとも当面は日本の人口は韓国を上回りそうです。