日本と韓国の観光の比較

観光

観光大国とは言えない日本に対し韓国は?

2010年に観光目的で日本にやって来た外国人は6,361,974人でした。
この内、韓国人は1,963,002人とトップでした(2位は1,139,339人の台湾人)
(出典:日本政府観光局 http://www.jnto.go.jp/jpn/reference/tourism_data/visitor_trends/index.html)
2011年は東日本大震災と福島原発事故の影響で大幅に数を減らしました(4,057,235人)。2012年は回復傾向にありますが、円高、放射能汚染への懸念もあり、2010年レベルには達しないようです。

 

一方、2010年に韓国に旅行でやって来た外国人は5,744,778人でした。
この内、日本人は1,947,858人とトップでした(2位は1,262,320人の中国人)
(出典:Invest Korea http://www.investkorea.org/InvestKoreaWar/work/ik/jpn/bo/content_print.jsp?code=104022101)
近年はウォン安を追い風に順調に観光客を増やしています。

 

観光客に関しては、総数としては日本のほうが多いものの、韓国の国土は日本の1/4、人口は2/5程度であることを考慮すると、韓国のほうが観光大国と言えるかもしれません。
また、距離的に近いこともあって、日本・韓国共に、互いの来訪外国人としてトップになっており、数もほぼ同じです。
(注:出典元によって日韓とも観光客の数は差異があります。韓国のほうが総数が多いという統計もありました。)