日本と韓国のスポーツの比較

スポーツ日韓戦

互角の戦い

ここでは日本でも韓国でも人気の高いサッカーと野球の対戦成績を見ていきます。

 

○サッカー(A代表)
1954年に初めて対戦して以来、これまで72回(2012年まで)対戦しており、日本の12勝 38敗 22分(PK:3勝1敗)と韓国に大きく負け越しています。
年代ごとに勝敗を見てみます(PKは引き分け扱いです)。
1950年代:●△○●△●●○
1960年代:●●●△△△●
1970年代:△●●●△●○●●●△△●△●●●●○●
1980年代:●●●●○△○●●●●
1990年代:●●△△○●△△△●○○●
2000年代:●△○●△○△△●●△△○

 

まず、80年代まで日本は韓国にまったく歯が立たない状況でした。10年以上勝ち星のない期間もあったぐらいです。
しかし、90年代、日本にJリーグが誕生した頃から日本サッカーの実力も急上昇し、それ以降はほぼ互角の戦いをしています。

 

○野球
90年代以降の主な国際試合における日韓の直接対決の勝敗を調べてみました。

 

日韓プロ野球スーパーゲーム
1991年:○○○●●○
1995年:△●●○△○
1999年:○○●△

 

アジア野球選手権大会
2003年:○
2007年:○
2009年:○

 

オリンピック
1995年(アトランタ):○
2000年(シドニー):●●
2008年(北京):●

 

WBC(ワールドベースボールクラシック)
2006年:●●○
2009年:○●●○○

 

対戦成績は概ね互角です。WBCは日本が連覇していますが、韓国に対しては五分の戦いです。
今後の日韓戦も熱い戦いになりそうです。